ジョギングの坐骨神経痛利点はジョギング5大にして体の健康を保証します

あなたはジョギングができますか.ジョギングのメリットはどれらがありますか知っていますか.今多くの人はジョギングは自分のリズムに来て、ジョギングをする人は少ない、ジョギング、れをゆっくり走って、緩やゆっくり走って、1種の有酸素運動よりゆっくりで、目的や中等のリズムを走って1段の比較的長い距離を達成するためのストレッチや運動の目的.ジョギングを通して、心臓と全身の良い役割を鍛えることができる.しかし、中高年人にとっては、ジョギングが体に健康に良いという、次にジョギングの利点はどれらがあるだろうか.

pジョギングのメリットは主に以下の点がある:

” p ” 1、ダイエット:多くのダイエット方法で、ダイエット効果はマイクロ汗の長距離ジョギングが一番いいということです.

pジョギング五大益健康

二,年になります:近年、ジョギングは多くの国では、ジョギング、ジョギング者の平均寿命は無ジョギング習慣者は長.

三、調節の心身を緩め、仕事の圧力に:ジョギングは一種類のが比較的に穏やかな心理状態での運動は、仕事のストレスを釈放することができて、それによってもっと精力と心理状態で新しいチャレンジを迎え.

を四、肺活量、心臓より強健と新陳代謝を加速:表明を研究して、楽にジョギングをすることで、呼吸機能、人の肺活量は増加して、人体を高める通気と換気能力、ジョギングをした時、人の酸素供給が座り込み時過ぎはち~じゅうに倍.酸素は人体の生命を維持する活動に対して不可欠で、酸素を吸い込む能力の大きさはまた直接心に影響して肺機能に影響することができて.ジョギングは心筋を強め、厚く、心臓,坐骨神経痛、心臓を守る作用がある.

P5、がん予防:

ジョギング時に吸い込む酸素は8~12倍にも乗っている.人は毎日8倍もの酸素供給を得て、一定程度にはガンの役割を果たすことができる.

ジョギングは体内の余分な脂肪を消耗することができて、体内貯蔵の蛋白質を促進することを促進します.このホルモンは予防的に予防作用がある.

(さん)の運動の時の汗、排出体内の原因物質、例えば亜硝酸、アセトン,アルミニウムなどの予防作用することによって.

ジョギングは体の体を強め、免疫力を高め、血液中に白細胞、マクロファージ、リンパ球など増え、人にも体内に可能な癌細胞を飲み込まことができます.

は消化システム機能を消化促進し、食欲を改善し、胃がんと腸癌の発生を避けるために、食欲を改善します.

(ろく)ジョギングを促進することができて内コーヒーおいレベルを増加させ、内分泌係統発生一連の良性の変化、これも抗がんの有利な要素.

P(7)のジョギングには、善人の気持ち、憂鬱と悩みを解消し、がんの誘発因子を減らすことができます.

ジョギングは人の意を鍛え、ガンの自信と気力を克服することができる.

これは、ジョギングの5つの利点で、現代人の生活リズムが速く、多くジョギングをしているということです.