四つの坐骨神経痛技巧協調夫婦間の性欲差

四つの技巧協調夫婦間の性欲差医網要旨:男女間の性欲週期とは違い、多くの男性が女性の物理に早漏の錯覚.実は、男性の射精時間は勉強を通じて関係強化制御の技巧、以下の4種類の延長射精の方法をチェックしてみて、夫婦の調和を始める.性生活ができない同期性高潮に入って、多くの夫婦に悩み.このような状況はよく夫で射精早期による.どう協調夫婦間の性欲が悪くて、以下のいくつかの面:1、リラックスし始めるなら気法:性交過程の中で、リラックスして全身筋肉、特に肛門や足趾部分の筋肉を緊縮屈曲動作で、抽挿宜緩.また、ガスに喉を言及、息を止め、息が詰まるのアクション、そして鈍化呼気時間.適用されるだけではなく性衝動が強すぎによる早期射精、それに対して病理性の早漏にも効果がある.2、境地移転法:性交時、男がと性交についての幻想を避け、他の問題を考える.待妻性高潮が迫っていると、すぐに移る境地、快速抽挿射精.あらゆる宜暗暗の中を、妻の情緒に影響を与えないよう.3、断続作愛法:近接性高潮を前に、陰莖の痙攣、しばらく繰り返す痙攣.この一緒に落交代衝撃の方は、女性はひときわ刺激.しかし注意するべきで、性交停止過程の中で、男は補助的動作し、例えばやキスを女性の性敏感区.4、特殊姿勢法:性交時、ペニスのほか、男女をなるべく少なく体の各部位の接触.もし、男性が女性にひざまづいて逆子で膝立位の後進式、または、男子女子仰臥ひざまずいて立つ位の前進式(女性はベッドの上で、男はベッドの下).また、坐骨神経痛、男性ならセックスを前に半時間は麻酔薬を塗って陰莖の頭の上にコンドームを、そして、この方法にも有効.上述の方法を延ばすことができる男の射精時間が、イコール忍精不射.その意義は協調双方の性欲差を夫婦に性の満足、特に早漏の患者がいいでしょう.