坐骨神経痛の予防法

歩いている時や椅子から立とうとしたときなどに、お尻や太ももに痛みやしびれを感じたことは常にありませんですが。もし、そんなことがあったら、坐骨神経痛の可能性があります。坐骨神経痛が発作する時我慢できない激しい痛いがあります。 できるだけ早めに治療を受けたほうがいいと思います。坐骨神経痛の症状を改善するためには、ストレッチをしてり、マッサージをしたりする様々な対策があります。

正しい姿勢を維持
普段からバランスの崩れた姿勢がクセになっていると、筋肉や関節に負荷がかかり坐骨神経痛の要因になります。椅子に座る時は背中が背もたれに当たるくらいに深く座り、左右のバランスが崩れないように注意する。デスクワークなど長時間同じ姿勢での業務をさけ、背伸びやストレッチで筋肉を弛緩しましょう。

運動する
運動不足で筋力が低下していると坐骨神経痛になりやすくなります。痛む部分をかばってしまうために、他の部分の柔軟性や筋力が低下したり、姿勢が悪くなってしまったりすることがあります。適度な運動をして、日ごろから筋肉を鍛えましょう。

肥満改善

個人差がございますが、体重の軽減により、背骨、腰、足に懸かる負担を抑えられます。

以上の改善方法の他にも保温する、お風呂に体を温める、暖かいものを食べるなども大事です。日常生活の小さいのところから坐骨神経痛を改善しましょう!

バイアグラは一番最初に販売されたED治療薬なので、一番有名です。ED治療薬というと、まずバイアグラのようなイメージです。