坐骨神経痛の基本情報

坐骨神経痛とは、典型的な病気ではなく、坐骨神経の経路と分布領域に痛みや痺れの症状をさします。坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けたために、腰、臀部、下肢に痺れや疼痛を発症するものと言えます。
坐骨神経痛の原因として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあります。腰部脊柱管狭窄症では、腰椎前弯の増強、つまり腰の反りが強くなることにより狭窄部位が圧迫され、痛みやシビレなどの症状が悪化することがあります。また腰椎椎間板ヘルニアでは、とくに前屈みの姿勢などにより椎間板への圧迫が強まるとヘルニアが神経を圧迫し、痛みやシビレなどの症状が悪化することがあります。
坐骨神経痛の症状の現れかたは、人によって様々です。坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。
また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。坐骨神経痛の改善には、まずは何が原因で痛みが起きているのかを知ることが大切です。その結果、ストレッチで再発が防げる場合(梨状筋症候群・仙腸関節障害・筋肉の緊張など)もありますし、医療機関に治療を受けなければならないケースもあります。最悪の場合は手術の必要もあります。