大学入試制度が感を回復坐骨神経痛する

時間の経つのは早いもので、大学入試制度の回復己の三十春秋指またたく間に、私の記憶の中でまるで昨日を思い出し、30年の大学入試の往事を見届けて、記憶に新しい.覚えは大学入試再開時、私たちはすべてとても若い、十七歳、ちょうど人生の最も貴重な時間を、大学入試制度の回復、例えば化雨春風、心を潤して、私は多くの資料を復習して、全身の受験に投入し、文革後初めての大学入試で、受験生が多くて、年齢が、老三届の私たちと一緒に参加して試験.

覚えている私たちの大学入試の日、みんなの顔には人だかり、満面に笑みをたたえる、希望を持って、夢を持って、異なる年齢層のいずれ同じ会場で、私が当時の気持ちはとても緊張した.テーブルごとに座って二人は、こんな今一人デスク、会場の規律はとても良くて、その時の試験問題の難度は大きくなくて、私たちの基盤が弱いので、やって、感じは難しくて、私はまだ覚えている数学の問題は、なかなか難しいようがない、筆が、私が知っている1本の時園方程式が、出来ない.国語の試験の中で、ある問題は書き取り毛主度詩長徴が、この詩は私と背がかなり熟が、試験の日には、緊張で、ただ前だけで、後ろのことを全然知らないが、試験会場に出て、私は突然全……私の学生時代、とても悪い、教室の上で一真剣に上のレッスン、一週間も労働.あの学生は勉強が嫌で、授業風潮がとても悪くて、私が当時、クラスで、成績はまあまあでしょう、まじめに勉強したい、私はかなり、惜しくて、私達の成長がその特定の年代、国語の授業で、私は勉強して、同方さんは曾霞本を私に合で、何を勉強する、あなたは後でまた不当な文学家、私も彼女と言うか、以前は私はとても好きで、私の国語の授業も好きじゃない、私は授業中に小説を読む.当時私達の学校の図書室によって、学生証を貸し出し図書図書室、言うことができて、その時多くの学友の図書券はすべて私に本を読んで、私はたくさんの本を見て、浩然の『輝かしい道』全集私し読み.だからその時にはまって協力関係の書籍化の時期について、私は真面目に周克芹のにたくさんの本を味読する.前回私は成都まで通りすがり川西ダムな親しみが周克芹の小説では、川西ダムを題材にし.前回私は成都まで通りすがり川西ダムな親しみが周克芹の小説では、川西ダムを題材にし.『ノゲシ』、『オウバイ』、『朝陽花』が、四大名著……私はいちいち拝見.学生時代には何かを学ぶ知識を見たのだが、多くの本でも恩恵を受けて.

77年に落ちた後、私は気を落とすことなく、坐骨神経痛、また探してきた多くの資料を復習して、第二年の試験の準備のため、基礎が悪い、基盤が弱く、78年だけで13点差に落ち.

77年に落ちた後、私は気を落とすことなく、また探してきた多くの資料を復習して、第二年の試験の準備のため、基礎が悪い、基盤が弱く、78年だけで13点差に落ち.念願の大学と逃し.だが私はなくして、迷いはない.その年の試験に参加した郡の教師は、優>