忘れないようにもの坐骨神経痛のけ姫

E度網が無断転載特別大変

よう湖面人生、時には静かに、時には立た幾重にもさざ波、味わい深い.

p>と<もうすぐ卒業して、私を連れて布団に乗って家へ小鳥飛.道路はいつも自分を感じて形の力を右に引っ張る.首をひねって見たら、自分の力は小さい、布団の束を牢、しようがないので、止まって整理してください.やっと走行やがて、そんな感じがまた来た上に、もっとすごい、私はないが私の足を止めて、ちょうど着地し、ぽっと音だけを聞いて、車とふとんが倒れ、幸いなことに、私はけがはされていない.最初、私は怖い.私は満身の力を上へ引っ張る電動車、それを正したいのに、中学三年の生活はこんなに重くて、布団の中に包まれた半分の本、重い私は全身に力にもかかわらず、それも感じない――動けない.どうしましょうか?私はいらいらして、なかなかできないのが怖いから:などお母さん私を探しにきだ!私もそれを捨てないここでもね、どうしよう?……道に誰もいなくて、焦って私の足を踏み鳴らす、一つ脂汗.

すると、一人の靑年が大いに叫びます:“それを捨てた!」そして伝あざ笑う声が聞えて来る.一種異様な感じが僕の胸に広がり、怒りはしようがなくて、感じて目に涙がいっぱいで、私はそこに立って動けない彼に斜めにまで、彼は僕の視線から消えて、あれは1つの髪を黄色く染まって、着るのはモダンな靑年、バイク便私から身の回りで走り過ぎ.一種の衝動を私は本当に彼にひとしきり怒鳴らたい.

私回し振り返って私の鳥の地の上で横たわって動けない、涙を落として、どうしよう?私たちはいいとして!かすかに聞こえて人の話.

p>を振り返る<私、二人の靑年の男子に乗って電動の車が私の後ろに.彼らは私を手伝うの電動の車を正して、布団を改めて包む束.一株暖流が私の胸に.ありがとう、ありがとうございます!私はひたすらお礼を言い.いいえ、なんでもない小さな事!あの二人はたぶん私より四歳.あなたの家はどこですか.马庄.よ!早く家に帰って、気をつけて.そして、彼らは歩き続けて、彼らの後ろ姿を見ていて、涙にまたぼやけた私の目:ありがとう、善人にはよい報いがある!

なければ彼らは、私が知らないいつ家?同じ人間としての差人で、どうしてこんなに大きいですか?

ありがとう!かつてあなたの顔を見えないけれども、しかし私は常に覚えてあなた達の.ありがとうございます!

p> Baita中3:2中<马明芳

 

       ;;;