第2の坐骨神経痛松山ケンイチ僧の物語

作品を鑑賞

私は生まれたばかりの時、2匹のはすべて正常.その後私はでこぼこが発生したためたくさん奇妙なことを招いて、私の目が見えなくなった、この異常な経験と記録して、後世に伝えたい.

私は一国の王、私は父の唯一の.父はとても寵愛私、私は成長できるよう、私は裏切らないのを観ると、熟読し、現地の人は暁の学者.インドと才能と学問は抜群、派を持った手厚い贈り物に渡って臣、わが国を訪問して、そして私たちの国に講義.父と私に承諾して、父にインド国の道はとても遥か遠くて、彼はわざわざ用意してくれた6隻の船は、まだ多くのラクダと馬.

私をつれてインドの臣インドへ出発する、私たちは大洋にまる流浪した日から、岸に上陸、船から引き出すラクダと馬、取り外して父をインド国王が用意したプレゼントを置いて、ラクダの背中に乗って、私とさせる臣たちてい马向印度の方向に進み、ラクダを載せてと私たちの後ろ.私たち上陸は長くありませんて、突然空中に吹く風に一株、全体の空が舞い上がる、吹き私達は何も見えない.

風が止まった後、私たちは突然発見して目の前に立っていの騎士、彼等の鎧を身にまとう.もとは、彼らは1群のアラブの強盗 .私たちは人数こそ少ないが、衆寡敵せず、強盗を父にインド国王のプレゼントすべて奪われた.当時、私は心の中でいのちを守るだろう.

我々は強盗に頼み込ん:“私達はインド国王の誘いに講演と交流の、あなた達を入れただろう、これらのものを送り.」

しかし彼らは気がつかなかったが、また刀剣をから来て、私のお供インド臣とさせたり、彼らに斬殺なったり、クロエ、私も重傷を負い、あれらの強盗略奪財物忙しい、気づいていない私はまだ、そこで私は生きていて.当時、私は気が動転し、しょうがないか、どこへ走る.私は何にも走って野原の中に、やっとやっと発見して1つの洞穴、私は隠れて、自分の傷口処理がいい.翌日の朝、私は大急ぎで、洞窟希望早くその場所を離れて、最後に私に行ってにぎやかな賑やかな町に.

その町に来た後に、私のとても幸い、私自分を見つけることができるように座の都市.連日のクルージング、私はとても疲れてとても疲れて、極度の緊張と私がやせこけた顔が靑ざめる、、どこへ行くん宿泊.当時、私の足が重い、本当に歩けない時、通りかかっ一家の裁縫の店、裁縫屋の私を見て歩けないくらい疲れた場での挨拶、中に入って、私に1杯の水や食べ物を持って.彼は私のような私でも、離れた原因を追及し、なぜ、私は道の一部始終を遭遇した彼は、また彼が私を.

聞いてくれと言って>裁縫