腰が痛い!坐骨神経痛のかも

坐骨神経痛は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。様々な原因で坐骨神経が圧迫されるなど刺激を受けると、腰やお尻、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。もしかして多くの人はこれは腰痛の問題と考えるかもしれませんが、違います。これは坐骨神経痛です。
いつもお尻が痛い、しびれがある。
足が激しく痛み、少しでも歩くと歩けなくになる
腰はちょっとだけ動かすと足の痛みが激しくなる。
静かの環境に特に夜、お尻や足が激しく痛んで眠れない。
足だけではなく、腰にもいたい。
痛みやしびれ以外に冷感やだるさ、灼熱感がある。
立っていると足が痛んできて、立っていられない。
太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれが続いている。
お尻が痛くて座っていられない。
足の筋肉が左右で差が出ている。
足の裏に正座の後のようなジリジリとした不快な感覚がある。
足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある。
もしかして以上のような症状が合わせる場合、坐骨神経痛になったかもしれません。こんな時、早めに病院に通って、検査を受けることが必要だと思います。確診したら、積極的治療を受け取れましょう!

シアリスが36時間以上を持続することができて、勇猛のシアリスとも呼ばれています。