読ルル坐骨神経痛とミミみ水

1

水同人と同様、多重の性格.

ほらあの水、かどうかは、広くて平坦な地面には、狭い穀;も、水道管の太さのコースは、注射器の針の小さな人は動物の食道、全身の毛細血管に……水を自由に通行できる.君にまだ会っていないが、多くの場合、他の物質は難しい通行が、彼にとっては朝飯前――それで人の縁、そつがタイムリーに自分を変える戦略.

の現実的な生活の中で、一般に大成者よりも、それから気まぐれの人.

2

諺によると、優しさ溢れる.一般的に言って、水はしなやかなのだが、ある時、水は硬い堅い、信じられないほど.

水と呼ばれる一酸化二水素、氷点を零℃.温度が零度以下の場合、水が氷になった.氷の威力はばかにならない、それは十分に人に突き刺すの穴、十分に破壊平坦堅固なアスファルトに、時には甚だしきに至っては氷を割るのやつもさせない.さらに驚くのは、高速運動の水(つまり水刀)、カット鋼材、その硬度は思い切って自然界第四位硬度のシリカ支配権を争う.

の見た目の弱い人も、その強い面もあり、困難に打ち勝ったので、これはもう一つの特性.

3

一見普通の

水、ルルとミミ、時には爆発のような大きな威力で、私たちが普段人ですか?

4

p> <仏諸仏陀は聞いて、どんな才能菩薩を一滴の水が涸れない?衆のない言葉.仏入れて海に.多くの叡智とね――1しずくがどうしても保証はないが存在して、無数のしずくが集まって、もはや容易で蒸発して寿命が延びた.

に水水の協力でごとに、人の協力事業を成功に.