逃して愛情の坐骨神経痛墓マイラー春

程は程、まだ独りで歩いて自分の道に属して、また一年が1年で、どうしても光陰は非情に感懐.このわびしいかもしれない自分を持ち込むの繰り返しの夢は、私は走って、列車に追随して、心の中の考え、その車を持つことができて、自分に一つの場所.

走って叫び、ようやく追いついあの車、車の後、私は立ちながらドア振り返って見る時、灰白画面に入ったように、自分は映画の翁、アルトのたんぽぽははっきりとした耳に響く:君が通るけれども、あなたは花が咲く.

私へよく行きたいあの真如幻の夢、夢の中では花が、どの花咲くを逃してしまったのか?私は花の愛情を逃した.

時々独歩の街で、たとえ光り輝いて、たとえ人海潮のようで、心が少しも言い表せないようならきれない寂しい.すでにから聞いて、どうして一人で歩いてここでは、どのように逃したあの心の人.

愛はそんなに長いだった、注す半分、憎しみはそんなに真実の跌进た果てのない.幸せとは寸前、あっという間にもう泣く天涯情.二度と風を切っていない翼、心に飛ぶ.紅塵万丈の中にも安心を置かない何処か.

と思ってたが、もう提起すれば、これを下に置きたく、生きられるような未来.随の流れと本当に笑って混ぜないよう.しかし、一陣の風を送って、いくつかのように、彼女の言葉は、目が覚めた胸をたたいて時雨、眠りたくない夢、悩むいらいらして、落ち着かない.

とても狂放不羈のし天涯遊子、切ったこの愁糸万丈静めあの若水優しさ.風雨の中で揺れない心.夢は悲歓離合転々とさせないで.なぜか無人の隅に隠れて、任天台宗の細い風、慰めてすべての傷と過ちを溜めて、目は言い表せない.

花の本、何気なくいくらことに薄く行く?それを追いかけてたの名利、それらの争いも化成ほこり、そのこともなかったのは心の中の1つの結び、ば解がもっときつくの結.

も他に何か?私は彼女の話を聞いてお互いの考え事を訴えますか?何を言ってもいい、たとえ私は恨みと、私も、自分が間違っていてやっと彼女を失った私と同行した.

もしなかったこの場の心の旅はどう非夢分からないことがあっても、向こうは歌のように、此岸を舞うよ、ずっと、頑張って手の中の事.身の責任のために、自分の幸せもしたい、少なく1部、少し少なくて、多くいくつか、いくつかの幸せで、そんなに多い時間、、.そして、私は手の涙をささげ持って、勉強していて非常に.

待ち望んで自分を、ある日もはや染め字情で、もう涙諷詠、忘れてあの蝶舞紅塵、字」